感情の劣化

人生最後の夏休みに入りました。

っていうのにバイトを春にやめ、6月に気が狂ったように遊び、食い、買ったおかげでほぼ底の見える状態の口座からお金を引き落とすことさえ気が引けて1回も遊んでいません。働く気持ちはあるのですが短期バイトとなると近所になくて死にたいです。短い夏休みですので早く探してちゃっちゃと稼ぎたいですが、過去のトラウマもあり、宿題もあるのに体力はどんどん減っていきます。残念無念です。

ここ数日はまあ、昼夜逆転しながら本を読んだりその感想を送ったり、ネットサーフィンしたり、やっぱキリンジはさいこうだなあなんてくっさい息を吐いたりたばこ吸ったり。まあ堕落しきっています。家にある金麦を飲み干してしまい、自分のタバコももうなくなり、でも今週末にはエイリアンズのレコードが出るので出費は許されません。阿鼻叫喚とはこのことでしょうか。まあ酒とたばこを我慢するだけなんですが。弱い人間だから依存がきついんです。ああきもいな。

あと読書に目覚めたかもしれません。生まれてこの方、見た目が文系オタクのわりに漫画も小説も読んでいないので、オタクの域にも、おしゃれ文系の域にも入れませんでしたが、平山夢明のダイナーを2日で読み切るという快挙を成し遂げました。

私は小学生のときから図書館によく通っていましたが気になる本を借りても期限の2週間では読み切れず、返さないまま飽きてしまい存在を忘れたころに催促状が来て急いで返す(返さないときもあった)。こーいう子供でした。二十歳になっても4月にやめたバイト先のエプロンを返していません。にんげんってかわりませんね。

脱線しましたが、平山夢明の本は好きです。片思いしている後輩に勧められて読みましたが地獄劇場なのに読みやすい、展開が面白い、オチできちんと気持ちよく終われて最高です。ボンベロ、結婚してくれ~~~~!!!!!!!!!!!!!

とろ火で煮込む

お久しぶりです。2月に処方されたときはガンガン効いていた薬が今塗っても全然効かなくなってきました。よって私のビジュアルは最悪です。

なんでこんなに皮膚が敏感なのに掻きむしってしまうんだろうなあ。自分が嫌になります。日光とか汗とか、冷房とか理由はわんさかありますけど、一番の問題は自分の意識の低さなんだと思います。掻きむしってしまう。

ストレスがたまったので髪を切ったらもっと自分が無理になりました。

本当は金髪にしたいけど今の皮膚の状態からしてやったらもっとゾンビになってしまうと思います。あ。内定をいただいたので金髪にしたいんです。

最近友人が優しいです。なんでかわからないけど出会った時のように優しくて戸惑います。この状態は長続きしないと思いますけど。

あの子のバッグ

ここ最近ブログをサボっていたが、ちゃんと生活してました。

就活も、二次審査に行ってきた。社長にも会って、知らない作業を教えて貰ってその日のうちにメールを出した。でも面接というか面談の時にボロが出た。すごく反省してるしこれが仇になって流されたらどうしよう。あそこ以上に行きたい会社が見つからない。見つかってもきっと私じゃ入れない。

なんだかツイッターで学校について不満を書き出したら怒りが治まらなくなった。理不尽なことばかりな気がしてきた。つい最近まで「恵まれてるほうか」と自己暗示にも似た感情だったのに。不毛な行為だな。

友達がキリンジを聴いてくれてとても嬉しい。キリンジをプレゼンしたいな。

学校の友達は相変わらず。メンヘラを嫌うので頑張って健常者になるようにしています。思ったことを言わないようにしてます。私の本音なんてあの人聞いてないので、とりあえずどーでもいいことを面白い言い回しで繰り返しているだけです。

タバコは続いています。最近本数が増えました。喫煙所に向かうと先生がよく話しかけてきます。就職のこととか、デザイナーはこうあるべきだとか、デザイナーを諦めた生徒に説教してきます。もうヘトヘトだよ。

寝れないのは夜更かしのせいでしょうか。とても虚しいです今。課題をやり忘れました。昼間のうちはキリンジとかメタファイブを聴いていたらいつの間にか寝ていて、夕食の時間でした。豚の角煮と、庭で父と姉夫婦がBBQをしててそのお裾分けのお肉で金麦を飲みました。私はなんでかおつまみがない方が呑めます。美味しく感じます。

こんなに眠れないのに課題には手が伸びなくて自分がしょうもないです。嫌ですもう生きるの疲れました。

 

そういえば二次審査の社長面談の時、突然視界の端が溶けたように見えました。何度か瞬きをしたけど結局会社を出るまで治りませんでした。なんだったんだろうなあ。

つよくよわくきつく

イラストレーターの作業が終わった。

模写をパスに起こすのは二度とやりたくない。が、これがイイ感じに仕上がって褒められるかもしれない。次やるとするならば大まかなベースから徐々に細かくしていくべきだな。結局デザイナーになりてえんだな、私は。

 

学校の課題で地元を調べることになった。駅前の飲食店を特集するのでインタビューと写真が必要だ。特集したい飲食店を深夜営業に絞ったので1人では怖い、ということで元バイト先の先輩を誘ったが地元過ぎて行きづらいようだ。違う先輩が取材先と仲がいいので従業員の連絡先を聞いたらやんわり(?)断られて最悪だ。しかもレスが遅いのなんの。いやあちらも大人だから忙しいのはわかるし、もう会わなくてもいい関係だけどね。胸くそが悪い。

 

最近、欲求不満が酷い。夢で中村倫也とセックスする寸前でかなりいい雰囲気になった。夢で。永眠したかった。現実がつまらねえし恋愛対象になるの女の子過ぎて辛い。叶わないし、叶えることも出来ないんだよ。早くこっちはセックスしたいしハグしてほしいしキスもしたいのに知らないうちにプラトニックになってる。求めてねーよそんなの。

 

創作の面。オタク同士の馴れ合いは度が過ぎると無理になる。褒めの言葉がだんだん嫌味に聞こえてくる。「こんだけ褒めてんだから早く書け。いつまで待たせるんだよ。」なんて言われているような気分になる。自分のためか他人のためかと言われれば他人のために書いている気がしていたが、こんなメンタルだと書きたくない。元々思いついたら早いし、衝動で書いたり描いたりした方がクオリティーも良いのだが、その思いつきが全くない。ツイッターで盛り上がる「したら妄想」もツイッターで一度盛り上がったらそれでおしまい、というか満足してしまう。呆れられるほど飽き性なのだ。これだけはどうしようもない。

 

前とくらべると食欲が減った。お腹は空くんだけど、いざ食べ始めるとなんだかすぐお腹いっぱいになるしめんどくさい。最後の一口はほぼ吐きそうになる。痩せるかな。

タバコも前より本数が増えた。体調は崩れていないが、性格が悪くなった気がする。あと人と前より素直に喋れなくて吃るし言葉が出なくて散々な返事をしてしまう。ちなみにこの状態で会社訪問と一次選考をこなす必要がある。しんどい。

誓いと懺悔のゴング

最近、毎週土曜日は東京で遊んでいる。というのも一年前に知り合ったフォロワーたちとオフ会をしている。ある時は推しバンドのライブ。ある時はカラオケと服屋などを回ったり。一人は関西から遠征してくるので東京巡りもかねて遊んでいる。やっぱり共通の趣味を持った人たちと集まると楽しい。学校のオタクたちとは違うのだ。別に見下しているわけではないけど、私はバンドのオタクなのでちょっと文化が違って、はっきり言うとあいつらはキモイ(見下してんじゃねえか)。加えて私は漫画もアニメも嗜めないのでもっとついていけない。私はよく絵を描くけど二次元に魅力を感じないし三次元の人物しか描けない。声優はよくわからないけど顔が無理だ。私の周りだけかもしれないが、オタクは自撮りを嫌う風習がある。楽しくない訳だわ。

今日は学校だったのでまた遅刻ギリギリの電車に乗って、登校ルートを早歩き。おかげで汗をかきまくった。なぜか私はワッフルニットを着てきてしまってもう皮膚が痒くてしょうがない。遅刻しそうなのでタバコも吸えないし、席に着いたはいいけど隣の準アスペのオタクは「ハァハァ」と息をして萌え声を出しているし最悪だ。1コマずっと耳を小指でふさいで過ごした。2コマ目もまあ同じようなもんだ。

昼休みは弁当を食ってすぐ喫煙所に向かった。友達は先に教室に行っていた。二十歳になって学校で吸うようになってから彼女との時間は減るばかりである。しかも彼女は嫌煙家なのでタバコを吸った後に話しかけると強烈に不機嫌になる。私のほかに1名喫煙ガールがいるが彼女の友達は全然気にしてないし、むしろ喫煙所に遊びに来る。うらやましい。私の友達は酒もタバコもメンヘラも嫌う。都会にも行かないし極端に嫌がる。私が自律神経を乱して「死にたい死にたい」と泣きじゃくっていた時も「うーん」と言っていた。内気で陰湿なオタクの友達は憧れていたが、私はただのオタクではなく退廃的な友達がほしかっただけなのかもしれない。モラトリアム人間と付き合いたいのだ。道ならぬ同性愛に目覚めたいのだ。あ~理想の友達がほしい。恋人でもいい。

人を比べてはいけないが、はっきり言ってもう遊べないな。彼女とは。

放課後、途中下車して父の日のプレゼントを買った。無印良品の黒いサンダルにした。彼女は昨日父親に食事について怒られ「いつもありがとう」と言わなかったらしい。その話を聞いたのでサンダルを買った。

バイトをやめたので金がない。就活も遊びもしたから貯金はもう底が見えている。来月初旬に高校の友達と飲む。彼女は喫煙者なのでとても楽しみだ。金はないけど。

 

中指の逆剥け

二日間の就活の最終日だった。DTPの仕事がしたくてこの短大に入ったが待っていたのは劣等感だけだった。もともと工業系の職業訓練校だったせいかデザインの求人は1番少ない。他学科と比べると桁違いに少ない。その中でもグラフィックデザインの求人は1割程度でもう絶望だ。しかも学校のデザインスキルも乏しいと思われてる(実際そうなのかもしれない)ので説明会でも重宝されず、書類でまず落とされる。私だったからかもしれないけど。しかしまあ、職業訓練校ではあるので時間やら規則やらを重視する企業は美大よりもこっちの方が...みたいな感じもある。いやまあそんなん書かなくていいか。

なんだかんだ私はどうしても働きたい。フリーランスになれるほどの才能もないし努力もできない。誰かの下で働きたいし、安定したい。「それならデザイン業界じゃなくても良くない?」なんて言われると思うが何のための地獄の2年間だったんだよと精神が廃れてしまうのである。

デザイナーはストイックであるべき、という風潮が嫌いだ。大嫌いだ。そんなもんアーティストじゃねえか。こっちは定時で返っては風呂入ってビール飲んで寝たいんだよ。何でストイックさを求める?雰囲気も悪いし楽しそうじゃないしデザイン事務所は嫌いだ。中小企業がいい。

最後の最後でいい会社を見つけた。ウェブの会社だがグラフィックデザインの仕事も多く請け負っているらしい。魅力的でいい会社だ。私にもったいないほど。

キャラデザが得意な友人に勧めた。私もそこに入りたいけど多分落ちるんだろう。縁起は最悪だが私のへなちょこデザインは魅力的に映らないそんな気がする。

彼女といると何だか気が滅入る。というか絵が上手いから劣等感が凄まじいのだ。漫画も描けてフォトショも使える。あんたのポートフォリオ見せれば一発で受かるだろうに。羨ましい。

喫煙所に行った。

「いい会社が見つかったんです。デザインも出来るしウェブの知識も1から教えてくれるし...」

「頑張ればなんとかなりそうかい。それは良かった。」

「彼女なら大丈夫ですよ。頑張る子ですから。」

お世辞だろうが飛び跳ねそうになったくらい嬉しかった。プロダクトの先生2人が、グラフィックの生徒を心配してくれたのだ。

 

「タバコ臭えぞって言われなかったか?」

「大丈夫ですよ。死ぬほどリセッシュしましたから」

 

2人は笑いながら一年生の授業へ戻って行った。

運がない

ラインモバイルのメイキングが最高だ。特に堀込泰行が。

 

就活だって云うのにYシャツを忘れた。電車で気づいたし、遅刻しそうだったのでコンビニで買おうと思った。しかし学校の最寄りのコンビニ(三件回った)にはなく、癇癪を起しながら学校についた。ツイッターで喚き散らかしていた私を見かねた友人らが助けてくれたおかげで午前は友人のYシャツを借りた。なんとムーミン女さんである。ブログで馬鹿にしてごめん。イチゴオレおごろうかなとも思ったけど消臭スプレーをかけて返した。

一服して一番仲の良い友人が午後はスーツでいる必要がないため、借りようとした。申し訳なさそうに貸して、というとあからさまに嫌な顔で「いいよ」と言われたので借りないことにした。多分だけど私からタバコの臭いがしたんだろう。心が狭い。

 

すごいねむい